So-net無料ブログ作成

NHK「ねほりんはほりん」のプロ社長も誰だろ(^^♪ [芸能]

NHK「ねほりんはほりん」の社長も誰だろ(^^♪


うわははは。もう良いだろとおもいながらねほりんはほりんのHPを毎日見てしまう私です。



ここまで気まぐれにいろいろなことを綴ってきましたが、NHKこの番組ややっぱきになるってことで。もう少し調べてみています。不思議に色気のある豚のぬいぐみとして登場したプロ彼女さん


そもそも「プロ彼女」の単語は衝撃と生々しい感覚を伴って私の頭にすりこまれてしまいました。



一方で社長もなかなかなものなのです
番組のコンセプトとしては社長一人、彼女一人のゲストでも十分成立し得ること間違いなしでしょう。



社長になるってどうゆうことなんですかね。会社の組織で働く人はどんなに優秀でも所詮やとわれといった印象が付きまといます。


サラリーマンの私としては組織で働くことはつらいというよりつまらない(面白くないってな印象ですが)のですが。


出演していた社長は男性ホルモンむんむんですね。ここでもなぜか社長の人となりが実物以上?になまなましく想像できてしまうのだから不思議です。



失敗しても、また懲りずにリスクをとりにく社長の姿。すごいです。起業して成功するかどうかは能力というよりセンスだと感じます。そして
何よりリスクをとりにいけるかどうかだと感じます。 



会社をやめてしまえば収入は0となります。脱サラして起業して失敗しても死ぬわきゃいかないです。
失敗しないように小さなリスクからとっていき、じりじりとサラリーを超えていき退社する。そんなふうに脱サラしてみたいものです。 



NHKはむかし暴力的な印象、下品なものイメージダウン(何がイメージ悪いかは勝手にきめていた)だと独断したものはとにかく自らの映像から排除してましたね。
なぜかたびたびNHKで特番が組まれる美空ひばりさんですら生前は一切と言ってよいくら出演がなかった。

とうぜん国民的歌手でしたが、紅白の出場もありませんでした。



とにかくNHKはいまよりはるかにお高くとまっていたんですね。
ところがこのねほりんはほりんときたらどうしてしまったのでしょう。
実験的過ぎて物議を醸している。




ん~(´・ω・`)わからんものですね。NHKは変革しているのでしょうか。
個人的にはNHKの番組はドキュメントが好きです。

プロジェクトXやプロフェッショナル仕事の流儀などコンセプトとしては何も新しいものがないのにNHKが作るとなぜあんなに見てしまうんだろう。っていうか若い時(いや |д゚)いまでも若いんですが・・・)民法しかみなかったのに。。


今はテレビはNHKと民法半々って感じです。

年齢とともにNHK比率が高まっていくと感じるのは自分の父親の影響でしょうか(笑)

ねほりんはほりん に興味がある人は
私のプロ彼女の記事もよんでくれたらうれしいです。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。