So-net無料ブログ作成

神戸山口組が新拠点を淡路島に!設置場所について [事件]

[雷]今日は大変!です。


分裂や破門など、内部のただならぬ抗争の雰囲気が出ている神戸にある
日本最大暴力団「山口組」についてです。


破門(絶縁)された組長らが新らしく会派を作ることが判明しました。






その名も当面「神戸山口組」とする予定だとのこと。
しかもその本部を兵庫県の淡路島に設置することを検討中とのニュースがでてきました。


これでは神戸市灘区にあった山口組総本部はそのままで、淡路に暴力団が飛び火した格好です。 
淡路島と言えば兵庫県にあり、瀬戸内海に浮かぶほんとうにのどかなのどかな田舎島ですよ。

場所としてはどこなんでしょうか。

淡路島は北川から 淡路市、洲本市、南あわじ市と3つの市で構成されます。

有名な明石海峡大橋を神戸側からわたってすぐ着くのは一番大きな洲本市でなく、
地図上、最も北側に位置する淡路市です。

ちなみに繁華街があり、人口が多く、もっとも栄えているのが島の中心にある洲本市です。

しかし、組織構成している会派の一つに淡路市の俠友会(きょうゆうかい)があり、その俠友会の寺岡修会長が神戸山口組の若頭を務めることが決まっているとの情報で、当面は淡路市にある俠友会の事務所を本拠にする可能性が高いとのこと。

侠友会(きょうゆうかい)事務所の周囲には学校などがまったくないため「暴力団排除条例」の適応を逃れる狙いが暴力団側にあると思われます。
今後、淡路島を拠点に勢力拡大が加速することが危惧されます。



そんなとこに全国最大の山口組の新拠点が設置されるだなんてきわめて物騒なニュースです。

地元民は基本田舎に住むのんびりした人ばかりだと思いますが、
早くも不安が広がることは間違いなさそうです。




所謂暴力団がいると逆にチンピラやコソ泥などが活動しにくくなり、
治安が落ち着いたりすることもあると聞きますが、やはりそこは反社会的勢力です。

これらの動きを受け、洲本や淡路市の警察署に特定団体の監視チームや部署が設置されることもほぼ間違いないと思われ、現在、警察も情報収集、監視を強めていることと思われます。




新聞報道によれば新組織は山口組会派の山建組の傘下組織を含んで14団体で組織されている。
他に離脱した組織などの組長や幹部を含めた組織されるとのことです。



山口組の全国組織構成員は14年の松で約1万人に上るとのこと。
近畿を中心に構成員が多数おり、中枢会派だけでも3000人に上るとのこと。



これだけ大きな組織の分裂事件が故、大きな社会的な波紋を呼ぶことは必至です。


今後の動向を注視したいです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事を読まれた方は下記の記事もよく読まれています。
■神戸山口組の淡路新拠点!設置場所と住所と今後の動向について
■神戸山口組新拠点発足で地元住民に不安と恐怖
■神戸山口組に住吉会加藤英幸が訪問!


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。