So-net無料ブログ作成

中国と韓国と朝鮮は今後ノーベル賞がとれるか?今後の日本は? [世界]

日本人がノーベル賞をとりました。
JBプレスの記事で読んだのですが、
中国韓国はもう当面はノーベル賞を量産でき
ないでしょうとのことです。
理由はなんでしょうか。

韓国は国家的な規模が小さいでしょう。
しかし、中国は日本の10倍の人口があり、
工業論文数研究数も爆発的に伸びています。
研究の質ではまだ未熟な面もあるのでしょうが。
将来のノーベル賞量産は濃厚です。


単純に研究が蓄積されると日本を凌駕する研究も
出てくるという見方が大半のようですね。
日本も工業論文数がすでに韓国にも負け始めているという事実が報道されています。
日本の研究レベルが下がりつづけている一方で
中国と韓国のレベルは向上している。


これは大変なことではないでしょうか?
将来のノーベル賞などの研究受賞に
どの程度影響を与えるものなのでしょうか。
日本がノーベル賞をとった研究というのは
殆どは実際70年代~90年代初頭の蓄積分
の開花と言えるのではないでしょうか。

今後、国立大学法人化も相まって
日本の理系研究施設が従来より劣った環境下でした
研究が行えないとすれば確実に日本の研究レベルと
いうものはさがってくるでしょう。

なんとかできるのはいまのうち。

日本の研究レベルを上げるため大学に
もっとてこ入れして研究をすすめられる
ようにするべきです。
ノーベル賞はほんとに革新的なものに
しか与えられないといいます。

日本が今後も革新的なノーベル賞級研究を
生み出せることを願ってやみません。


スポンサーリンク






タグ:ノーベル賞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。