So-net無料ブログ作成
検索選択

節分の豆まきの歴史と由来。簡単で分かりやすく伝えること。 [文化]

もうすぐ新年。いかがお過ごしですか?
1月に入ればすぐ2月。2月にはいればすぐ節分。
こどもたちと新しい年を迎えたばかりですが、
こちらもとてもたのしみな伝統行事ですね。




堅苦しくなく、お父さんが鬼をやってこどもたちから豆を流れれる習慣です。
昔はただただ夢中にやっていた豆まき。
でも自分が親となってみると子供たちから節分の由来について聞かれるとこまることがあるもの。
そこで豆まきの由来ついてとにかかく単純に必要なことだけを調べてみました。


豆まきの由来とはいつからか


豆まきの由来ってずいぶん堅苦しいですが、豆まきは楽しむだけで基本充分です。
節分って季節の節目とは書いて字の如くなのです。
日本の伝統行事として平安時代から存在し、しかしのそ昔は中国から伝来したもの。
日本には立春、立夏、立秋、立冬と季節ががりますが、節分は旧暦を基軸としてげんざいンお節分の時期とは2月の3日。
平安時代から日本のなかで春は新年としてもっとも大切に考えられており、
新年を歓迎する意味で、平安の貴族たちの行事として始まったものなのでした。


豆まきはそもそもなぜ鬼に豆をまくの?


なぜ豆なのか・・・。
なぜ鬼がやってきて鬼に対して豆をまくのか。
豆なんて投げれれておいしいだけで聞かないよ!という声も聞こえてきそうですね。
豆まきの文化が日本ではじまったのは平安時代。
中国で始まった文化は日本に伝来しても大きくはってんしていくことになります。
豆とは魔物の目をあらわします。七福神の毘沙門天が日本にたどりついた魔物に対して
豆を投げなさいとおつげなさっといいう伝説が残っており、
それから始まったと言われています。
そして、家族みんなで楽しんで豆まきを行い、新年の始まりと無病息災を願い、
豆を食して終了する。そんな文化へ完成されていったのです。


マメなまとめ


おもんないですが、どうでしょうか。豆一つにもいろんな話が掘ればたくさんでてきます。
平安時代から!そんな古くからあったなんて驚きですが、
いまとなってはほとんど由来まで語られることはありませんが、
節分の豆まきには新年を祝い正月宮中行事としての意味合いと無病息災と家族の健康を願い素直な
人間の想いが込められているのです。
もうすぐ新年ですが、お子さんのいる家庭ではそんな昔からの文化に大人が積極的に興味を示すことで、
子供たちが自ら知ろうとする気持ちを後押ししてあげるとよいかもしれません。
平安時代でも今も、家族の幸福を祝う気持ちに変わりはないのですね。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。