So-net無料ブログ作成

「たくさん産んで国家に貢献」の菅長官発言は問題なし! [政治]

自民党 安倍内閣のスポークスマンを務める菅長官が民法の放送局のテレビに出演して記者からの質問に対しての問答。


福山雅治と吹石一恵さんの結婚に対しての感想を求められて
菅義偉官房長官は29日午後、フジテレビの番組に出演し、歌手で俳優の福山雅治さんと俳優の吹石一恵さんの結婚に関し、「この2人の結婚を機にして一緒に子供を産みたいという形で国家に貢献してくれれば良い」と発言したことに
批判的になる人がいるらしい。

安倍内閣への批判に繋がったら大変だとのことで、
慌てて菅長官は釈明して女性が出産が義務つけられているという意味でないと釈明したとのこと。







まったく。怒り心頭だよ。

女性と男性が結婚して絶対子供を産まないといけないなんて菅や安倍が考えているとは思えない。

国家に貢献するとの表現がまずかったのかな・・・・?



いやそれにしても

男女は結婚すべき
もっと子供をたくさんうんでほしい
成人は結婚すべきと思う。。などなど


いまの日本で上記のことを発言しようものならくだらないマスコミが低レベルな批判を行う事だろう。

いったい何がだめなのか?
上記の意見は意見だ。嫌ならその発言をする政治家に投票しなければよい。
そうすれば結婚は実はすべきだとか、子を産むべきと考えている有権者人も多いことがわかるだろう。



私は女性、または男性が必ず結婚すべきとは思はないし、こどもを産めと思っているわけではない。

しかし、大きくなって結婚して子供を授かり・・・といったことに期待して理想を持つことを否定している人がいるようで心配だ。


政治家たちがまるで腫れ物にでも触るかのように結婚すべき、産むべきといった話題を避けるのも心配だ。

国や行政にとって家族や新しい生命の誕生は期待すべきことだし(反面産めない、産まない人を切り捨てるという意味ではない)
結婚してほしい、と願う事、口にだして言う事の何が問題なのだ。


菅さんへ
今回の発言はまったく問題ないと思います。
しかし、国家のためにというくだりなどを使用するときに今後少し気を付けられたほうがよいだけと私は感じます。


この程度の政治家の発言を問題にするのであれば、そんなマスコミなど相手にしてやるか!!


負けるな菅!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカと中国は戦争する可能性はあるのだろうか。 [政治]

アメリカと中国の間の軍事衝突ってどのくらい現実的にあるのだろう。

一般的に一国が超大国になるためには資源、軍事、経済の3つの潜在力がなくてはならない。

この3つの3角形はどれが乏しくても大国にはなれれない。



2国間で緊張関係が強くなっても3つの力が強いほうがより余裕がある。
仮にアメリカと日本が再度戦時的緊張関係(現代ではありえないが)にるとすると





経済、軍事、資源とどれもアメリカより乏しい日本は相手にならないだろう。

もし経済と軍事ですこしだけ日本がアメリカを上回っていたとしても
資源が圧倒的に多い米国の前に持久力尽きてしまうのは確実だ。





では中国はどうだろう。近年経済では日本の倍に迫る勢いであり、
軍事的にも成長著しい。もちろん軍事力の実査はは最高機密であり、
中国の特性上、実力よりも大きく見せているだろう。

しかし現状はまだまだ米国優位であり軍事では一方的なくらい、アメリカ優位だ。





このパワーバランスが崩れない限りそうそう戦争などおきるものではない。


きっと中国は数十年のうちに老いておとなしいくにに変化していくのだろうか。
いまははだわからないが中国の行く末は日本の安全保障にも大きく変わってくるだろう。




今後も安全保障の専門家の間ではこの議論は決してやむことのない。
極めて危険な戦争が起こる前に日本としては十分な備えをしておくことが
重要だと感じる。



軍事力でも法整備でも。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国政府が産経コラムの削除を要請したらしい。 [政治]

どうもこんにちは~~~~!

最近韓流にはまりつつあるけんたぽんです。
日本と韓国の2国関係は難しい。文化交流がどんなによくなっても基本構造がよくならない限り、なかなか前には進まない。一身一旦って感じでしょうか。





いつもながらはらはらです。




2国関係が構造的なむずかしさを抱えている証拠でしょうか。
今日のブログですが、下記のことをかきます。

タイトルの通り、昨年の産経支局長の身柄拘束に続いて、
またもや韓国の政治が民間の言論に介入しようとしているようです。


時事通信の報道によると韓国外交省は9月1日になって産経が8月31日の同紙上で報じたコラムに強い嫌悪を抱いて、大使館の外交ルートを通じて削除を要請したとのこと。


記事は最近の朴政権の外交を批判するような記事であったらしい。
韓国の負の遺産として朴大統領を朝鮮の閔妃に例えて、事大主義と強く批判したものだという。





これ以上の詳報はまだまだこれかれですが、言論の自由を最大限守るよう韓国政府には配慮してほしい、また産経新聞も他国の歴史の繊細な部分には特に品をもって報道してほしい。

互いの利益はなかなか一致しないものの、なんとか良くなってくれないものでしょうかね。

日韓関係の感情のこれ以上の悪化を防げればいいと願うばかりです。

鶴橋の焼肉屋でみたほんとの大阪!! [政治]

お盆に帰省しました。大阪の鶴橋で友人と久々に会い焼肉を一緒に食べた。
なぜ鶴橋でなん?と若干不思議に思ったが彼からの指名で「場所ぉ?鶴橋、、、以上」ってな感じで決まった。






鶴橋は大阪のコリアンタウンとして知られていて、在日朝鮮人の方々が多くすんでいる街。
当然、焼肉は相当に美味い。
ちなみに今回いったお店。
お店HPhttp://www.ran-oasis.net/
値段もそこそこでボリュームたっぷりでうまかったです。

s_006n.jpg
ぐるなび ページから引用させて頂きました。
http://r.gnavi.co.jp/c392700/?sc_lid=RS_todetail_thumbnail 



環状線の鶴橋を降りると日本とは思えない別世界。低い環状線高架の下に行きかう中国系、韓国系の人々にくせの強さでまったく引けをとらない大阪的なひとびとが行き交う。
トンネルの下は肉を焼く煙が立ち込めており、まるで東南アジアに海外旅行でもしているよう。
大阪随一のデイープスポットがそこにはある。


少し考えてみたけど大阪ってやはり大阪にしかない強烈な個性を持った街である。
それが良いのか悪いのかまったくわからないけど・・・。
大阪に限らず日本の地方都市にはそれぞれ良さがある。
例えば北海道にはそこの良さがあり、京都にはそこの品の良さ、四季を感じられる美しさがあり、高原や山々が美しい富山、長野、山梨などがあり、、なんとまあ○○が良い○△県があるのと同じく、大阪はやはり強烈な個性をもった街として○○が良い大阪と人によっては言うだろう魅力を十分に蓄えている。


実際、神戸に住んでいたころ、弟が関西は大阪に大学で下宿。下町に居を借りているといった話の続きに「○○の兄ちゃんは大阪はおもろすぎて出たないいうてんねん」ってな話を聞いたことがある。


また今はは神奈川在住であるが、東京から大阪に移り住んだなどといった人から大阪は面白いといった話をちらほら聞くことがあった。まあ大体の人は大阪転勤になろうものならなんだか胡散臭いし、薄汚そうな街だな・・と内心思っていやいや行くそうなことを漏らす人が残念だが多い。
それが全国の多勢とは言わずとも多くの人がもっている「大阪評」だろう。
通常○○県出身の人に面と向かってその都道府県の悪口など言わないものだが、これがまたこと大阪となると大阪人が自虐なのか、他府県の人が大阪人については他虐なのか、大阪の人は内からも外からも所謂悪口を言われることが多い。


あくが極めて強いせいか大阪の特徴をギャグ的にいう人が大阪には多い。大方吉本の芸人の影響だが、大阪はケチだのがめついだのとマイナス的要素が協調されていることが多い。
そういう大阪を小ばかにしたネタが昔から私は嫌いだったのだが、私も大阪の下町で生まれ育ったせいか、長らく大阪の良さがわからなかった。何が良いのか。しかし、マイナスを強調する雰囲気とそれを当てはまることを許してしまう大阪のイメージは大阪育ちとしては嫌いだったのだ。


特段地元愛が強いほうではなかったが、自分を育ててくれた街にたいして愛着というよりも、もっとよくならないものかといつも自問自答していた。
でも大阪はダサいし、東京見たいになんにもないし・・・。
そんな不満が最初に芽生えたのは
私が小学生のころ大阪の有権者の大人の人たちが横山ノックを知名度だけで知事に選んだときからだ。


「あかん。オトナは何も考えてへん・・。大阪はよくならへん。」
 私は子供のころ勝手にそう思っていた。


別に私は頭なんてよくなかったし、新聞すら読まない、勉強もあまりしない平凡な子供だった。
横山ノックの政治家としてのビジョンや政策に有権者が考えに考えた末に1票を投じた結果が横山ノック知事なのであれば良いが。当時の私はそういった印象はなく単に知名度で知事に選ばれてしまったようにみえた。

いまとなっては彼の元知事は故人となり、興味もないが、選挙車のなかでセクハラ事件をおこした彼がまともに大阪の将来を考えていたのだろうか。あほな小学生だった私の横山ノック評も近からずも遠からずだろう。



今日の大阪の衰退と失敗って要するに東京に追いつこうとしてきたとこにあると思う。
鶴橋は大阪にしかない。あくが強く、汚くでも魅力的なこの街の良さはなかなか他府県では再現できない街の風景だと思う。
だからこれが好きか?といわれれは素直に 大好きとは私は答えられないが、やはり大阪が持っている個性的な文化を端的に表している。



大阪の良さは心斎橋、難波、梅田にあるのでなく巨大なターミナル駅を離れた行間にあるこの小さな駅、鶴橋などにあるような気がする。
いってしまえば梅田なんぞはでかくて都会として洗練された雰囲気などは東京にも引けを取らない。けれどもやはり梅田級サイズのの街はふつうに東京に結構いくつもある。山手線の例えば池袋の隣、新宿の隣が梅田という街だったとしたらどうだろう。普通に違和感なく受け入れられるだろう。

梅田なんぞは巨大繁華街オフィス外に共通化されてある街の風景でしかない。
全国の街が最大まで大きくあれば米子だって仙台だっていきつく先は新宿や梅田だろう。


しかし、たとえば鶴橋の街はどうだろう大阪という大都市を走る環状線の駅でありながら、降りた瞬間、外国に匂いぷんぷんだ。商店街で品物を買おうものならいきなりよこのおばちゃんが 「にいちゃん、これのほうがええで!」と言ってくれたりすることがある。
これは大阪に住んである当時は気が付かなかったのだが、全国的には大阪の個性を強調している要素の一つだろう。



こういった大阪的なものを保存しろだの、大事にしろだのいうつもりはない。
これが良いとも思わないし、大阪的なものが嫌いな人だってたくさんいるから。


でも等身大の大阪像を考えてみて、大阪が今後どうすすむべきかを考えるときにはこういったリアル大阪に触れてみる経験は重要だと思う。
大阪はどんなに頑張っても東京より大きくはならないが、大阪は大阪にしかない個性がある。
これを捨てるもいかすも府民の民意次第だ。
タグ:大阪 鶴橋
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同志社大・村田晃嗣氏「学者は憲法学者だけではない」 [政治]

同志社大の村田学長が7月13日の安保法案有識者中央公聴会に出席し、
国際政治学者(安全保障)の観点から安保法案賛成を明確とした意見を表明した。

詳細は産経新聞に掲載されていました。
なかなかおもしろいです。ご興味がある方はばぜひ読んでみてください。

あまり政治について考えることもない私ですが、
多くの憲法学者が違憲としながらなぜ自民党が採決を急ぐのかについてわかりやすいです。


以下要点
【その1】憲法学者は憲法を唯一絶対的なものととらえていて、国民にもある程度説得力を持って伝わっています。自民党と公明党が可決を急いだ現状、安倍内閣の支持率が低迷しています。

【その2】しかし、安全保障の専門家としては複雑ぜ急速かつ流動的な現状に対処するには
日米同盟を基軸とした安保法案が必要と肯定する意見を持つ学者も多いようです。
(あくまで村田氏の意見ですが)



なんとなく原則的な考えに縛られている(当然ですが)憲法学者と野党、
現実的な課題に直面している自民党と安全保障専門家といった印象を受けるのですが・・(事件は会議室で起きているんじゃない!現場でおきてるんだ!的な・・・わかりますよね)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

村田晃嗣学長安保法制に賛成表明☆ [政治]

今回は柄でもなく政治です(@_@)

安保法制は国論を二分していますね。


今国会最大の議題となっている安全保障関連法案が2015年7月16日午後の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決、参院に送付されました。今年9月にはほぼ可決の見込みです。

しかしさすがに自民党の主張や説明が有権者に伝わりにくいめた安倍政権の支持率が低迷し始めていますよね。


そこで今月13日の国会有識者中央公聴会の記事がネットで話題になっています。

ここでは自民党が推薦した同志社の村田学長が安全保障の専門家として、「学者は憲法学者だけではなく国際政治学者もいる、安全保障の専門家の意見は多く肯定的であるはず」と賛成の意見を表明しました。自民党が有権者に対して説明しきれていない安保法制の賛成意見を村田氏は表明したこととなります。


これに対し村田氏の御膝元であるはずの同志社の職員有志の方たちが、
ブログを立ち上げ、学長を非難する声明を発表しました。



みなさんはどう考えてらっしゃいますか。
私はもちろん学者ではありません。
有識でもなんでもなく普通の有権者ですが、多くの方とまあおんなじような意見ですので・・・。



以下、私の雑感。
① 多くの憲法学者が違憲といっているのだから安保法案はやはり憲法違反である。


② しかし、安保法案を単純に戦争法案と批判するのはだめ。もっとも何としてでも阻止したい野党側が使う非難論法としては戦争法案なる単語はまあ使用されるだろう。


③ 自民党の意図は戦争することではなく。やはり日本の安全の保障である。


④ 憲法学者は違憲と判断しても、村田氏がいうように安全保障上の観点から考えれば、必要な法  案なのだろう。

村田氏がいうように「国際政治的な状況の変化非常に早く流動的であるため、可決するほうが日本の国益である」というのが自民党の本音。自民党もほぼこれは違憲であると腹の底で分かっているはず。


⑤ 私は日本は戦争するくにではなく、中国や韓国といった時刻防衛をするための武力を持つ普通の国家になることが必要と感じる。

それは即、安保法案賛成であるということでなく、議論を尽くして順当に行われるべきであると考える(考えていた)。


⑥ では必要だからといって、自民党が強行可決してよいか。やはり順当に違憲なのであれば憲法を変える議論から国民に問うべきであると考える。
⑦ しかし、上記の村田氏がいう「国際政治的な状況の変化非常に早く流動的である」ため憲法改正などを行っていれば恐らくどんなに短くても30年はかかると思う。だから結局先に安保法案を成立させてしまわざるを得ないのだろう。

→ここにこの法案の問題のミソがあると思う。違憲というのは誰でもわかる。私のような素人でも。

与党である自民党や防衛相、外務省が国際実務上、自衛隊を派遣する際にと工面してきた政治的外交的な課題が垣間見える。

憲法という原則に則れば当然問題ありなんです。

しかし、必要な法案であるならば、可決を急ぐには憲法をスルーする必要がある。
つまり違憲なのだけれど、国際的安全保障上必要な法案があるということか。憲法9条というとても国際的に稀な条項のために、日本が抱えることとなってしまった課題だと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。