So-net無料ブログ作成

花粉症で咳!?原因と風邪との見分けをつけましょう! [健康]

花粉の季節しんどいです。
毎年花粉の季節にはつらくて
つらくてたまらないといったかたも多いでしょう。




ところが花粉症といってもさまざま
咳が主症状の場合も。。。
そもそも咳は風邪で出るものですよね。。。。
そうなんですが。。。
風邪ででる咳と花粉ででる咳、
見分け方ってあるのでしょうか。。。

風邪の咳、花粉の咳、私の咳


花粉症で咳がでたら・・・。
どうやって見分けよう。
それは簡単ですが難しいこと。


あ、咳、あ喉の痛みはなく 咳がしてかゆ~~い~~~


咳は通常、風邪の際につらい症状がでます。
風邪の原因ってほとんどがウイルスなんですよ。
でも花粉症は花粉ですよね。
ウイルス侵入にたいして吐き出す働きは咳、
花粉侵入に対しても外に吐き出すことは身体にとって
大切ですのでは吐き出します。
つまり風邪は免疫系、
花粉はアレルギー反応なんですね。
このように原因をたどれればどこを
見るべきか結構わかりますよ


そんじゃどこをみればよいの???


いや、それは簡単です。
花粉の症状なら咳の他に痒み、涙目など。
頭痛などは花粉と風邪両方にありますが、
涙はあまり風邪のときdえません。
このように風邪にない花粉の症状を確認するだけで、
風邪と花粉書うが決定的に判断できるもなのです。

タグ:花粉症 咳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

葛湯の効果!便秘と赤ちゃんの下痢に効果あり! [健康]

「なんだかここのところずっと便秘気味だなあ・・・」「おなかを冷やしてしまって下痢気味だな」おなかの調子が悪いと一日中気分がすぐれないものですよね。そんなとき有効な対策をとっていますか?実はおなかをこわしてしまったときに葛湯が効果的なことをご存知ですか?




葛湯は日本でも古くから整腸作用が認められ得ており広く利用されてきました。
今日はそんな葛湯の効果についてお話しします。


葛湯とは


葛湯とは葛粉からつくられる飲み物ですよね。
家庭などで食べられるときは葛粉を水分と混ぜてよくといて用いられます。そして加熱をして砂糖やショウガを加えたりして食べられることが多いです。
整腸作用がすぐれていることからおなかを壊したときに広く利用されています。
また赤ちゃんにも安心して利用できる食材としても重宝されており、離乳食に混ぜたりしても使用されていることも多いですね。


葛湯は便秘に効果あり。


特筆すべきはその優れた整腸作用です。
葛湯の成分は多く炭水化物と糖で構成されていますが、食物繊維と同じ効果があり腸内を洗浄する働きが期待されます。
また腸内最近のえさとなる効果もあり総合的に腸内の調整を行ってくれ、結果として便秘解消や下痢を軽減する効果があることもわかっています。
そのような効果から葛湯は古くから単なる食品としてのみならず、腸の働きの充分でない赤ちゃんや小児以下の年齢層や高齢者に対しても
栄養補給食材として広く利用されてきた背景があります。


小児や赤ちゃんの下痢に葛湯は良い


赤ちゃんが下痢を続けていると親としては気になるものですね。
とくに言葉を話せないうちは自分で症状を伝えることができないため下痢などの症状がつづくと
離乳食なども受け付けなくなりますます心配になるものだと思います。
そんな時、ちょっと気を回してみて葛湯を与えてみると良いかもしれません。
あかちゃんに葛湯を与えること自体は昔からあることなので、めずらしいことではありません。
しかし、最近は葛湯の整腸効果が見直されておりますます注目されているのです。
特に葛湯は身体を温めてくれる効果もあるため風邪の引き始めなどにも良いしょう。
風邪で熱がある時などにおすすめです。また夜の離乳食時時に与えることもあたたかくして体を回復させるために有効でしょう。

なかなか食べてくれなときはリンゴやなしをすりつぶしていれてあげると風味が変わり食べてくれることも多いようです。
赤ちゃんの下痢の原因は非常に多くあるため必ず葛湯が効果ありとは言い切れませんが、
もし風邪や冷えでおなかをこわしているのなら小児科の先生に葛湯を与えるとどうかときいてみて
症状をみて判断してもらうと良いでしょう。



まとめ


葛湯の生成に使用される葛の原料は古くは江戸時代より日本で食材として利用されてきた安全な食材です。
整腸作用や体を温める効果、また低カロリーなことから葛湯を利用して現代ではダイエット方法も注目を集めています。
この安全で整腸効果の高い葛湯を日常生活に取り入れて身体にやさしい生活をおくりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。